磯野がめぐみ

体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人の体内の脂肪の蓄積しているパーセンテージで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量÷体重(body weight、キロ)×100」という式で求めることができます。
スギ花粉症などの病状(鼻みず、鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが誘因で慢性的な睡眠不足に陥り、次の日起きてからの行動に悪い影響を及ぼすかもしれません。
昨今、若い世代で結核(けっかく)に抗える免疫、すなわち抵抗力を持たない人々が増えていることや、受診の遅れによる集団・院内感染が増加傾向にあります。
常在細菌のブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒素の強烈な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と毒素がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)が挙げられます。
欧米諸国おいては、新しい薬の特許が切れた約1ヶ月後、製薬市場の8割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わるクスリもあるほど、後発医薬品(こうはついやくひん)は世界各国に知られています。
いんきんたむし(陰金田虫)という病気は20代~30代の男性に多い傾向があって、基本的には股間の周辺だけに拡大し、激しく運動したり、入浴後など身体が温まった時に猛烈な掻痒感があります。
20代、30代で更年期が訪れたとすれば、医学的な用語では「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患を指します(この国の場合は40歳未満の女性が閉経してしまう状態のことをPOFと定義付けています)。
食事の際は、食べようと思った物を気軽に口に入れたら20回前後噛んで飲み込むだけに思われがちだが、その後も身体は本当によく動き食物を体に取り入れるよう努力しているのだ。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、病気でなくても出現することがあるので深刻なトラブルでないとはいえ、同じような発作が繰り返してみられる場合は危険だといえるでしょう。
ハーバード医科大学HMS)の調査結果によると、1日あたり2~3カップのカフェインの取り除かれたコーヒーを飲用することで、驚くことに直腸癌の罹患リスクを5割以上も減らせたそうだ。
普通は水虫といえば足をイメージし、ことさら足指の間に現れる病気として認知されていますが、白癬菌が感染する部位は足に限定されているわけではなく、体中どこにでもかかるという危険性があるのです。
ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間に存在するクッションのような役割を担っている椎間板(ツイカンバン)という円形の線維軟骨が飛び出してしまった症状の事を指しています。
「肝機能の減衰」は、血液検査項目のGOTやGPT、そしてγ-GTPなど3つの値で分かりますが、ここ2、3年肝機能が減衰している国民の数が微増しているということが危険視されています。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が無くなった後に市場に出回る、新薬と同一の成分で金銭的な自己負担の小さな(代金が少額の)後発医薬品です。
上が140以上の高血圧が長く続くと、全身の血管に強い負担となり、頭のてっぺんから足の爪先までありとあらゆる場所の血管に障害が巻き起こって、合併症になるリスクが高まるのです。
交通事故相談の弁護士を札幌で探す時に見てください!